++ カメラをもって かぞくと一緒に アウト(?)ドア ++

yuharu.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2015年 02月 28日

奥石廊崎をフィルムライクに仕上げる

この階段の向こうには、どんな景色が広がっているのか。
d0161597_22442685.jpg


伊豆への撮影で、奥石廊崎にも寄ってみました。
枯れた草、青い空、海などが似合う色合いで、トーンを揃えて撮影してみました。

d0161597_22444323.jpg

d0161597_22445773.jpg

d0161597_2245964.jpg

d0161597_22452225.jpg

d0161597_22453423.jpg

d0161597_2246753.jpg


WB微調整機能でA(アンバー)とG(グリーン)をマックスに上げて、
仕上がり設定の詳細設定でコントラストをやや上げ、彩度を下げました。
ハイキーな雰囲気にしたかったので、+1EV補正。
RAW現像で整えるのもよいけど、一定の設定で撮ると統一感が出て
アルバムなどにするときよいですね^^

弓ケ浜は、B(ブルー)とG(グリーン)を上げて、
プラス補正で撮影しました。誰か書いたのか、砂浜の文字がかわいいです。
d0161597_22521971.jpg

[PR]

by risakan | 2015-02-28 22:54 | カメラ
2015年 02月 27日

伊豆には春が〜

夕日に照らせれて、金色に輝く海。
d0161597_14102616.jpg


今回のロケでいちばん楽しみにしていた伊豆。
5時に出発して、先端のほうまで運転してきました。
河津桜を撮りに行ったのですが、満開の菜の花がとてもきれい。
少し走っただけなのに、伊豆はこんなにも早く春がきていたなんて。
d0161597_14232815.jpg

d0161597_1426217.jpg


浦島太郎が竜宮城へ出発したといわれる、竜宮窟へ。
d0161597_1426451.jpg

d0161597_14271065.jpg


烏帽子山へのアプローチは、駐車場もなく情報も少なく、手探り状態でしたが、
急勾配を昇りきると絶景が広がっていました。
d0161597_14394598.jpg


あの穴のなかに、夕日が入ることがあるそうな。
d0161597_14181876.jpg


え?入っている!!
d0161597_14182788.jpg

曇天だったので、あまりにも一瞬の出来事でした。

ああ、どこかへ旅に行きたいですね〜。
[PR]

by risakan | 2015-02-27 14:33 | カメラ
2015年 02月 22日

鎌倉へ

ちょっとお散歩するのが楽しい街。
d0161597_23124283.jpg


金曜日は朝から鎌倉でロケ。
女子2人だったので、かわいいものを見つけながら、
ゆる〜りと楽しく撮影しました。

イワタコーヒーのホットケーキを撮りたかったのですが、
改装中とのことでお休み。そこで、イングリッシュガーデンのある
古民家カフェで、カレーとスコーンを。
気持ちのいい日射しが差し込み、ついつい長居をしてしまいます。
土日に来たら、たぶんすごく込んでいるんだと思います。

d0161597_23957.jpg

お庭には、シジュウカラとスズメ、ネコがゆる〜くひなたぼっこしていました。

d0161597_23331868.jpg


鎌倉から由比ケ浜まで歩いてみました。
外人さんが貝殻を拾っています。足長いなぁ。
d0161597_23135630.jpg


まぶしいくらい、かわいい高校生のカップル。
青春ですね〜、いいね〜。
d0161597_2311112.jpg


さぁて、楽しかったロケを誌面にまとめましょ。
[PR]

by risakan | 2015-02-22 23:34 | カメラ
2015年 02月 20日

都市夜景

都市の未来化は、もう始まっているんだな。
d0161597_1184135.jpg


ムック本のロケでみなとみらいへ夜景を撮影しに行きました。
高層ビルの夜景なんて、学生のときにデートとかサークルのみんなでワイワイ行ったくらい。
d0161597_1191491.jpg

d0161597_1235947.jpg

d0161597_1285929.jpg

いまのデジタル一眼レフカメラはすごいですねー!
三脚を持って行かず、セルフタイマーでしたけどけっこうシビアに撮れました♡

NHKスペシャル「ネクストワールド」の世界は、30年後に実現するのだろうか。
自分のアンドロイドがコンサートに行き、家に居ながらにして世界旅行が楽しめる未来。
でもこの夜景を見ていたら、確実に、不確かな未来への階段を昇っているんだなーと思った次第です。
[PR]

by risakan | 2015-02-20 01:36