++ カメラをもって かぞくと一緒に アウト(?)ドア ++

yuharu.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2011年 10月 31日

焚き火オフ2011秋 その1

天に届きそうな焚き火。しばし言葉を失う。

d0161597_10115255.jpg









































週末はムスメの運動会が終わった後、キャンプ場へ。
トレーラーのヒッチがないのでしばらくキャンプは無理かぁ、と諦めていたのですが、
なんと先週末、キャンプ友達のNちゃんがYさんと一緒に我が家まで
トレーラーを引っ張りにきてくれました005.gif
ありがたや、ありがたや071.gif070.gif

今回は「焚き火オフ」。1週間前、キャンプしつつ
キャンプメンバーさんたちが雨のなか焚き火を用意してくれました。

おおおお~すごいですね~、圧巻。
まるで龍が天に昇るようです。

大きな火の粉に、しばし言葉を失います。

もっとたくさん写真を撮ったのですが、お酒飲んでフワフワしながら撮ったら、
なんとピントを合わせるのを忘れてしまい、ほとんどピンボケ。広報失格です(笑)

来年は気合入れるぞ。

キャンプの様子は別途!
[PR]

by risakan | 2011-10-31 10:20 | キャンプ
2011年 10月 25日

秋色アジサイのリース

このグリーンとブルーの色合いに萌え~053.gif

d0161597_1541641.jpg






















今日はお友達Nちゃんセンセのお家で、プリザーブドフラワーでリース作り。

秋からクリスマスまで使えるよう、木の実のリースを作ろうと思っていたのですが、

ワタクシの趣味をよ~くご存知のNちゃんセンセは「よかったら秋色アジサイあるよ~」と。

うむむ、グリーンから水色、紫にかけてのグラデーションが、ドストライクじゃ、あ~りませんか!!!

この時期のアジサイは梅雨時の元気で発色のいいアジサイと違って、

なんとも風合いのある素敵なニュアンスです。

大きいのと小さいのと、2つ作らせていただきました。

d0161597_252177.jpg




















Nちゃんセンセは超ステキな自宅を使って、お友達や子供たちに

プリザーブドフラワーを教えてくれています。いま大人気のサロンスタイルです。

とってもセンスがいいので、ついに2日間限定でたまプラにお店を出店することに~010.gif

お近くの方はぜひ行ってみてくださいね。すごくステキなので!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
12月1日(木)・2日(金)「田園アート&ライフマーケット2011」
*Nちゃんセンセの出店は12月2日のみ
[会場] たまプラーザ テラス 「プラーザホールby iTSCOM」
ゲートプラザ2階
[時間] 午前10時30分~午後3時30分(終了) 

プリザーブドフラワーやアーティフィシャルフラワーのアレンジメント、
X’masリースや壁掛けアレンジ、コサージュ付麻ひもバックなどなど
お求め安い価格にて販売しますので、是非遊びにいらして下さい!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[PR]

by risakan | 2011-10-25 02:06 | おはな
2011年 10月 16日

お皿総入れ替え

この柄が気に入って大人買い。

d0161597_0291192.jpg


















食器って、気がつくといらないものがたまりがち。

ちょっと欠けて貧乏くさかったり、赤ちゃんっぽくてもう使わなかったり、

陶器用の接着剤でなんとかくっつけたけどかっこ悪かったり、

山崎パンのシールを集めてもらった白い食器が

黄ばんでいてみっともなかったり。

上京してはじめて一人暮らしをしたときに買った食器とかもあったりします。

突然、それらを整理したくなってごっそり捨てました。

それで、新しく買いそろえたのがこれ。

めちゃめちゃツボなデザインなんですの、これ010.gif

白山陶器のブルームシリーズです。

たっぷり入る急須を探していたときに、この魔法のランプのようなポットに

ひと目惚れしたのがはじめての出会い。

d0161597_038825.jpg


















めちゃめちゃ使いやすいし、かわいいです053.gif

ただし、食卓に全部このシリーズを並べるとちょっとうっとおしいです。

白山陶器のブルームシリーズはこちら。

http://www1.ocn.ne.jp/~hakusan/products-bloom.htm
[PR]

by risakan | 2011-10-16 00:43 | インテリア
2011年 10月 15日

上越のイタリアン再び

本日のワインおすすめテイスティングセットは3種で680円。

d0161597_11105490.jpg


















上越のウマウマイタリアン、トラットリア・ラ・ペントラッチャのランチに
行かせてもらいました。やっと名前覚えられた。

ふつーのカプレーゼと思いきや、モッツァレラが違う!
北海道紋別で修行をしたチーズ職人から、週に二回届くモッツァレラだそうです。
濃厚でグルタミンサンを感じるほどうま味が強いチーズ。

d0161597_1115337.jpg


















次は子羊のラザニア。
ひき肉よりもさっぱりしているけど、コクがある。
ラザニアにラムって合うんだなぁ。011.gif

d0161597_11311488.jpg


















猪と豚を掛け合わせた猪豚の赤ワイン煮込み。
前回、スモークで焼いていただいたときはパンチがきいていて
絶品ながら私には重かったけど、これは肉なのに軽くてペロリ。

d0161597_11313151.jpg

















ワインが余ってしまったので、チーズを少し注文053.gif

d0161597_11314979.jpg



















おいしゅうございました053.gif

トラットリア ラ・ペントラッチャ
〒942-0063 新潟県上越市下門前881 フォルマ下門前2F
TEL:025-545-3991
FAX:025-543-7580
[PR]

by risakan | 2011-10-15 11:40 | グルメ
2011年 10月 13日

じじのチヂミ

じじのチヂミは豆腐でヘルシー

d0161597_21282375.jpg



















じじは料理がとても上手です。

昔は中華鍋で作るエビチリなど、気合の入った男の料理だったのですが、

数年前から冷蔵庫の中のもので作ってしまう、主婦の料理になりました。026.gif

この豆腐のチヂミ、子どもがとっても喜んで食べました。
(ママの韓国風チヂミは食べないくせに017.gif

じじがメールで送ってくれたチヂミのレシピ。

<豆腐のチジミ野作り方>
 材料(6人分)
  ・小麦粉 100g ・卵 2個 ・にら 1/2束 ・ねぎ 1本
  ・キムチ 150g(少し切る) ・木綿豆腐 1丁 ・麺つゆ (2倍濃縮)大サジ 1 
  ・ごま油 少々  ・牛の粉末 小サジ2
   以上をボウルに入れて良くかき混ぜて、フライパンにサラダ油をひいて
   おたま大の大きさにし、少し抑えるようにして両面を焼く(片面を良く焼いてから
   ひっくり返さないとくずれる)。つゆをつけて食べる。
  *アレンジ
    (1) 牛の粉末の代わりにゆでたエビとホタテを適当に切って混ぜる
      (良く焼けば豚のこま切れを入れてもよい)。
    (2) つゆをつけて食べないので、麺つゆを大サジ3~5を味を見ながら入れる。
       麺つゆは「追いがつおつゆ」(2倍濃縮、mizkan)がおすすめ。

おいしゅうございました。

d0161597_21372887.jpg

d0161597_21364274.jpg
[PR]

by risakan | 2011-10-13 21:38 | グルメ
2011年 10月 13日

上越のお酒に舌鼓

微妙にダサくて昭和の広告みたい。

d0161597_20515684.jpg



















新潟出身と言うと、決まって言われる言葉。

「お酒が美味しくていいね~011.gif

が、未成年のうちに東京に出てきてしまったので、

いまひとつ地元のお酒がよくわかりません。

今回実家に里帰りして、短い時間でちょっとずつたくさん味わうために、

スーパーで小さい瓶をたくさん買ってみました001.gif

なんか、たのし~です。

備忘録として。

左から二番目の「あゆ」が、私的には一番好み049.gif

甘くてやわらかい感じです053.gif


*この前上越に行ったYさんとK長さんが
美味しいと言っていたお酒、何でしたっけ??
思い出せず、飲みそびれました。
[PR]

by risakan | 2011-10-13 21:00 | グルメ
2011年 10月 12日

バイシクルモトクロスにチャレンジ

はじめてのBMX。初心者でも本格的なコース。

d0161597_0171767.jpg






































3連休は新潟の実家へ里帰りしてきました。

今回は山麓線沿いにあるBMX場で、自転車のモトクロスに挑戦。
といっても、コースを走るのはパパと息子だけ。
自転車とヘルメット、プロテクターを借りてコースに出ます。

d0161597_0194570.jpg



















レディー、ゴー!

d0161597_0205722.jpg










パパは毎日、往復40kmの自転車通勤をしているだけあって、疲れ知らず。
息子は…、BMXは立ち漕ぎが基本なんですが、しっかり座っちゃってますな。

d0161597_0231067.jpg


















したがって、激疲れ。
5周くらいしたでしょうか、あんな疲れた顔の息子、はじめて見ました037.gif
ジュースをこぼしちゃうくらい、手が震えています。

d0161597_02357100.jpg



















次回は、立ち漕ぎできるといいね^^

d0161597_0255245.jpg













































d0161597_03052.jpg金谷山BMX場
1998年に開設。大小のジャンプが続く全長370メートルのコースがある。毎年、国際大会や全日本クラスの大会が開催されている。
●営業時間:午前9時~午後5時(6~8月は午後6時30分まで)。
●定休日:月曜(休日の場合はその翌日)。ゴールデンウイークと夏休み期間中は無休。
●会場使用料:無料。BMX専用自転車のレンタル料は1台1時間200円。ヘルメットの貸し出し有。
[PR]

by risakan | 2011-10-12 00:31 | こども
2011年 10月 06日

ジョブズさん、物欲をありがとう。

16年前、お給料でMacを買った。使えなくても、持っているだけで満足だった

d0161597_11385450.jpg





















近年、がんに苦しめられていたスティーブ・ジョブズが亡くなった。
56歳とは、あまりにも若い。

社会人になって3年目くらいだろうか。私は自分の給料でMacを買い揃えた。
当時はまだとても高価で、プリンターも含めて70万くらいした。
20代半ばの一人暮らしのOLにとって、それは清水の舞台から飛び降りるような決断だった。
イラストレータでイラストを描いたり、フォトショップで写真を加工したり、
いずれはDTPで誌面のデザインをしたりと、夢がいっぱいだった。
でも、蓋を開けたらそれはそれは難しくて、幾何形体の箱を描くような作業ですら苦戦した。
結局、70万を投資したMacは、いつの間にかメールだけのものになっていた。

その後、G4 Cubuを買う。クリアで宇宙的な洗練されたデザインにやられた。
ディスプレイとキューブ型のハードディスクで19万くらいだったと思う。
これも、気がつけばネットだけのツールとなっていた。

ようやくMacを「正しい使い方」で使えるようになったのは、
3年くらい前からだ。インデザインで書籍を作ったり、
誌面のデザインをしたり、フォトショップで写真の加工をするのに
いまではMacはなくてはならない戦友となった。
ここまでくるのに、なんと長い時間がかかったことか。

Macは長年、私にとって持っているだけでかっこいい、
ステイタスシンボルとしてのパソコンだった。
だけど、「形から入る」っていいじゃないの、と思う。
物欲のない若い人が多い今の時代にあっても、唯一ストレートに
物欲を刺激してくれるのがAppleなんじゃないだろうか。
何に使うのかはさておき。「ただ欲しい!」それがApple製品なのだ。
iPhoneにしても、iPadにしても、とにかく、欲しい。だって、欲しいんだもん。
そういう消費欲をストレートに刺激してくれる。

こういう、有無を言わさず欲しいと思わせる商品を作り出せたのは、
ジョブズさん自身がやりたいことへのベクトルが
決してブレなかったからではないだろうか。

スタンフォード大学での講演で、ジョブズはこう語った。

「私は十七歳の時、こんなような言葉をどこかで読みました。確かこうです。
『来る日も来る日もこれが人生最後の日と思って生きるとしよう。
そうすればいずれ必ず、間違いなくその通りになる日がくるだろう』
それは、私にとって強烈な印象を与える言葉でした。
そしてそれから現在に至るまで三十三年間、私は毎朝、
鏡を見て自分にこう問い掛けるのを日課としてきました。
もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、
今日やる予定のことを私は本当にやりたいだろうか?
それに対する答えが“NO”の日が幾日も続くと、
そろそろ何かを変える必要があるなと、そう悟るわけです。
自分が死と隣り合わせにあることを忘れずに思うこと。
これは私がこれまで人生を左右する重大な選択を迫られた時には常に、
決断を下す最も大きな手掛かりとなってくれました」
(スタンフォード大学卒業祝賀スピーチ』にて)


人は死ぬとき、「できなかったことへの後悔」に苦悩するという。
だとしたら、毎日「明日死ぬとしたら」と自身に問いかけ、
やりたいことをするために真剣だったジョブズは、
案外、死ぬことに苦悩はなかったのかもしれない。
そう思いたい。

2011.10.6 
J-WAVEで訃報を聞く
[PR]

by risakan | 2011-10-06 12:15 | そのた