++フォトエディターのよもやま話++

yuharu.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2011年 03月 30日

こだまでしょうか。いいえ、だれでも?

写真の加工をしているときは、良心がとがめない

d0161597_258356.jpg



















最近、なにをするにも浮かんでしまうのは、
「不謹慎」とか「罪悪感」とか「良心」という言葉だ。

こんな時期に、電気を使って仕事をして不謹慎ではないのか。
子どもを預けて出かける仕事は、そんなに大事なのか。
食事もままならない人が大勢いるというのに、美味しいものを食べていいのか。
お風呂に入れない人も多いというのに、湯船につかる罪悪感を感じないのか。
ユニクロで洋服を買ったけど、被災地に送らず自分で着ちゃうのか。
何かをするにつけ、頭の片隅でそう考えてしまう。

最近では、それでも仕事をすることの意味は自分なりに見い出せてきた。

さんざん、涙した。義援金や支援物資も送った。計画停電も続いている。
これは今だけじゃなくて、半年先、1年先も続けなきゃいけない。
さらに何ができるのか。子どもがいるのに、ボランティアに行く勇気はない。
もちろん、原発をどうにかできるわけでもない。

だとしたら、もう、自分にできることは経済を回すことに
目を向けることしかないと思えてくる。
東北の人たちががんばって生き抜いてくれている間、
まだふつうに生活できている私たちは、
元気を出して復興に向けてがんばるしかない。
東京はもうすぐ桜が咲くというのに、相変わらず空気は重い。
でも、経済が回らなければ、東北の美しい景観を修復することも、
家のある穏やかな暮らしを取り戻すことも、経済的にできないわけで、
元気なものまで、ここで休んじゃいけないんだなと思えてくる。

そんなことをぼんやりと考えつつ、またワーカホリックな毎日に戻りつつある。

でも、遊ぶことだけは、まだ「不謹慎」の呪縛から抜け出せずにいる。
完全に遊びとして、どこかへ出かける気力がわかない。
行っても楽しめそうにないことだけはハッキリと想像できてしまう。
無気力とは違う、複雑な気持ちが動いている。

きっと、多くの日本人がそう感じているんだと思う。
草津や箱根なんかの観光地から人が消えているのを見ると、
そう思わずにはいられない。
計画停電で電車が動かなかったり、ガソリンがなくなると困るという
足の問題もあるけれど、遊びだけはまだ無理、という気持ち的な部分も
大きいんじゃないかと思う。

「遊ばない」って言うと
「遊ばない」って言っちゃうのだ。
足並みを揃えて生活してきた、農耕民族だから。

花見をはじめとして、ずいぶん先のあらゆる祭りという祭りも
中止になっていて、そういうアナウンスを見るにつけ、
まだまだ遊ぶのは不謹慎なんだ、と改めて下を向いてしまう。
夏には、秋には、元気を取り戻していたい。

昔の人たちは、豊作を祈り、大漁を喜び、自然と共存するために
祭りをしてきたんじゃなかったのか。
電力節約、資金を義援金に、それも大切なことだけど。

そろそろ、本気で、活気を取り戻すことが必要なんじゃないかな。
[PR]

by risakan | 2011-03-30 03:34 | そのた
2011年 03月 25日

忘れられない誕生日

巨大地震のおよそ18時間前。

d0161597_1034858.jpg































すっかり書きそびれてしまいましたが、
3月10日は娘の5歳の誕生日でした。
娘の好きな唐揚げとパンを山ほど用意し、
家族揃ってお祝い。

お兄ちゃんからのプレゼントは……

d0161597_10365791.jpg
















手作りDS(笑)
牛乳パックの裏側を使って一生懸命作っていましたが、
マットで厚みがある質感が妙にいい感じで。
紙ですけど、娘、すごい喜んでいてびっくりです。

震災後は子どもも怖い思いをしているからか、
友達と外で遊ぶ約束をしてきません。
天気もよくなかったこともあって、つい、家の中で
遊ぶことが多くなり、引きこもりがちで…

d0161597_10415527.jpg

















ベランダでしゃぼん玉を楽しそうにしている姿を見て、
子どもは、もっと元気に遊ばなくちゃ、遊ばせなくちゃと思いました。
避難区域の子どもたちは、遊びたくても、外で遊べないのですものね…

先週末はじじのところへスキーに行くはずが、
そういう気分にもなれず、ガソリンもなくてキャンセルになったので、
ビデオを8本も借りてきましたが、あっと言う間に見てしまいました。
30年ぶりくらいに劇場版銀河鉄道999を見たら、
当時の感動を思い出して、なつかしかったです。

思わず、当時何度も描いていたメーテルをば、本気描き…(笑)

d0161597_10445570.jpg






















気分的にも、エネルギー的にも、思い切って遊びに行けるまでには
もうちょっとかかるかな。


*業務報告ですが、ちゅうちゃんに支援物資、本日お送りしました。
 子どもの古着が多いです。
[PR]

by risakan | 2011-03-25 10:48 | こども
2011年 03月 19日

無理して、買わない。

こんな何気ない日常が、ありがたくて泣けてくる。

d0161597_1125651.jpg


















地震から1週間。
被災地の避難所では、救援物資が届かず、子どもが餓死していると、
辰巳琢郎さんのブログで知りました。
http://ameblo.jp/tatsumitakuro/

テレビでは報道されない悲惨な実情を知るにつけ、
どうすることもできないもどかしさを感じずにはいられません。
同じ日本人として、できることだけでもがんばろうと思います。
息子も、少ないお小遣いのなかから500円を寄付しました。


計画停電は毎日1回、かならずあります。
地震の日も半日停電し、18日は2回ありました。
ここは停電になると水道も使えなくなるので、用意周到に!
暗くても子どもが凹まないように、夕食は好きなものを。
それにしても、キャンプ用品が役立ちます。

d0161597_1129299.jpg
















スーパーには、トイレットペーパーとティッシュ、
カップ麺、乳製品が消えていますが、そんなもの、なくてもどうってことありません。
ないなら、無理して買わなくていいのに、
スーパーに行って商品棚に商品がないと、どうも、不安をあおるようです。

フィットケアデポのティッシュ棚は空。東急の牛乳はお一人さま1本。

d0161597_11303232.jpg

d0161597_11313171.jpg

































…でも、自動改札は節電しなくてもいいんじゃ…
改札が塞がっているので、車椅子の方が、わざわざ車椅子から降りています。

d0161597_1141302.jpg


















この状態がいつまで続くのかわかりませんが、
物資が被災地に行き届くよう、これ以上、健康被害で命を落とす方が
一人でも少ないよう、願ってやみません。


昔、友達が「強くなければ、やさしくなれない」と言っていました。
被災地の人に心を寄り添わせるのはもちろん大切なことですが、
自分の気持ちも、体も弱ってしまったのでは、なにもすることができません。
義援金や節電のほかにできることは、
自分と、家族の心と健康を保つこと。それが一番大切なのかなと思います。
[PR]

by risakan | 2011-03-19 11:51 | そのた
2011年 03月 15日

一歩一歩、進むだけ。

d0161597_10233178.jpg





































「辛」い

という字と

「幸」せ

という字は

ものすごくよく似ている。

一歩踏み出すだけで、幸せになれるんだ。


一日も早く。

「辛」が「幸」になりますよう。

あの美しい三陸の海岸が

またいつの日か美しい風景を取り戻してくれるよう

心から願ってやみません。


どんな言葉もこの悲しすぎる状況には届きませんが

わたしたちのやるべきことは、

一歩一歩、前へ進み、

海に命をささげた多くの人たちに変わって

日本人らしく生きていくことだと思っています。



一日も早く。

いまは「辛」いみなさんが

「幸」せになりますよう。
[PR]

by risakan | 2011-03-15 10:31 | そのた
2011年 03月 07日

富士山ドカーンのやまぼうし

トレーラーのフロントガラスは、富士山独り占めのスクリーン

d0161597_1355294.jpg

















週末は今年はじめて、やまぼうしに行ってきました。
まだ3月、けっこう寒い。現地にはまだ雪が残っていました。

でも、この時期じゃないと、クッキリハッキリ、
明瞭で白い富士山は見れませんね。
朝方は霜が降りているというのに、テントキャンパーのみなさん
けっこういました。しかも子連れで。すごい。


ホームキャンプ場で家族キャンプのため、
いまひとつ本気モードで写真を撮る気がなく、

d0161597_13585085.jpg

















息子に富士山の傘を吹かせてみたり^m^

d0161597_13593423.jpg

















無駄にかっこいい写真になってみたり。(゜o゜;)


夜は焚き火をしました。
私の使っているカメラはCANONのEOS40Dというカメラなのですが、
夜の写真のぶれに大きく影響するISO感度は、1600が最高。
ところが、拡張機能でISO3200相当まであげることができると知って、
さっそく設定してみました。
気合を入れて腕を固定しなくても、
けっこうぶれずに焚き火シーンが撮れました。
でも、やっぱり画質が荒いですけどね。

d0161597_1411452.jpg

































しかし、写真は撮れたものの、息子の上着がゴーオンジャーと、
どこをとっても完璧な仕上がりに至らない写真なのでありました。
ちなみに娘の上着はアンパンマン(笑)
スノーピークと山ガール山ボーイファッションしかいない
お洒落キャンパーのなかで、かなり浮いた個性的なファッションでした。

やっぱりやまぼうしはいいです。
何もないけど、子どもと大縄跳びをしたり、サッカーをしたり。
やまぼうし好きのKタご家族のみなさん、今度一緒に行きましょうね^^
[PR]

by risakan | 2011-03-07 14:06 | キャンプ
2011年 03月 03日

三保会その翌日

かつて特攻隊が走った滑走路なのだそうです。
*モデル たまちゃん&せんむ

d0161597_0261938.jpg





































まったり過ごしていた(二日酔い多し?)
キャンプイベント三保会2日目は、みんなで海岸をお散歩しました。

d0161597_0274944.jpg















そう言われると…

d0161597_0282762.jpg















みんなでGメンやりました。
ちなみに、子ども以外は全員40代以上です(笑)
注)約2名は30代だとの指摘が〜

お散歩していると、こわぁあ〜いものが!!

d0161597_0321450.jpg

































なんと骨であります〜ぶるぶる。
牛なのか、豚なのか、よくわかりませんが、
妙にシュールな感じ。

なので、ここまではシュールでストーリー性のある
色合いでまとめてみました。

************************************


さて、気分を取り戻して、散歩は続き〜途中でひと休み。
大人は等間隔に並んでおります(笑)

d0161597_0341498.jpg















客船が通った後の大きくうねる波!
地元のNくんTくんは波の動きを読んで慣れたものでしたが、
うちの息子は急激な波に腰抜かして転んでいました。

d0161597_0411414.jpg















散歩はまだまだ続き〜。
途中でYさんがソフトクリームをごちそうしてくれました^^

d0161597_0423622.jpg
d0161597_0442415.jpg














イチゴなんてあったんですね!?^m^











なんとお散歩は3時間にもわたり、さすがに二日酔い気味の皆様は
お疲れになったようで…

d0161597_0455519.jpg
































水族館になりました。
色とりどりの海棲哺乳類をお楽しみください。


ほんとにお世話になりました〜^^
[PR]

by risakan | 2011-03-03 00:50 | キャンプ
2011年 03月 03日

キャンパー合宿?―三保会

お寿司をたっぷりいただきました^^

d0161597_034731.jpg

































週末は仲良くしていただいているキャンパー仲間のイベント、「三保会」がありました。
どんなキャンプイベントなのかとイベント情報を見ていると、

寿司が安くて美味しくて…
歩いて温泉にも行けて…

うん、いいね、いいね♪

…え、自宅のガレージで…?

想像つきませんがな(笑)。ちょっぴり秘密主義の情報を流して
反応を楽しむのが、いたずらっこ遊び好きメンバーの皆様であります。
果たして海岸のキャンプ場なのか、はたまた人ん家なのか。
現地の様子は手探り状態。

そのココロは、民宿のようにたくさんお部屋のある、
キャンパー仲間さんのご自宅の庭でした。
トレーラーひいていったのに、なぜか家のなかであったか〜い合宿であります。

d0161597_083079.jpg
















合宿といえば、もちろん宴会。

d0161597_0111788.jpg
















料理上手のママたちが、豚汁、もつ煮、肉じゃが…と
腕をふるって一品、二品と持ち寄ってくれました。
ぜひとも作ってみようと思った絶品は、家主のBさんがつくってくれた
まぐろのユッケ。甘辛い味の正体は、なんとすき焼きのタレだそうで。
それにゴマ油を混ぜたら、あらま不思議〜めちゃめちゃ美味しいのでした!
料理のコツは、いいマグロを使わないことだそうです。

写真撮り忘れたので、Hママさんの激ウマやわらかもつ煮でお楽しみください。

d0161597_0155412.jpg















そんなでしたから、みなさん、翌日も早く起きられるわけはなく。
私は子どもの添い寝で、早くも9時30には就寝。もったいない。

次へ続く。
[PR]

by risakan | 2011-03-03 00:23 | キャンプ