++ カメラをもって かぞくと一緒に アウト(?)ドア ++

yuharu.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2010年 11月 12日

8/13 ハービーベイーー泣きたくなるような絶景

いつかは見たいと思っていた景色が、そこにありました。

d0161597_10433374.jpg


































現地の人と話をするなかで、みんなが口を揃えて言う場所がありました。
「ハービーベイ」。
あまり聞き取れない現地の人との会話のなかで、
この単語だけはしっかり頭の中にインプットしておいたので、
調べて行ってみることに。

でも、実際にハービーベイのキャンプ場に到着してみても、
みんなが薦めるほどの良さがイマイチわからない。
キャンプ場はきれいでリゾートっぽいものの、区画が狭く、
魅力的な遊具があるわけでもなく??

ちょっとガッカリというか、フツーな感じに拍子抜け。
とりあえず町を散策してみようと、歩いて10分くらいのビーチに
行ってみることにしました。

!!

なぬ、という空の色…。
そこには、深い深い茄子紺とオレンジ色の空と、
その色が丸ごと映り込んだ海が広がっていました。

圧倒的な存在の中にいるような感覚に陥りながら、
少しずつその姿を変えていく空。
色に包まれるという感覚を、はじめて体験しました。

景色を見て泣いたことは記憶にないけれど、
たぶん、そのときはじめて、涙ぐんだんじゃないかと思います。

家族全員が沈黙し、ただただ、その身を色に預けていました。

d0161597_1044188.jpg
d0161597_1047818.jpg
[PR]

by risakan | 2010-11-12 17:55 | オーストラリア2010
2010年 11月 11日

8/12 カニアゴージ――渓谷ハイキング

岩肌フェチは遺伝するもよう。

d0161597_1133243.jpg


































忘れた頃にやってくるオーストラリア旅行記。
日本が熱帯夜で苦しい頃、清々しい光の入る渓谷でプチ山登りをしました。
切り立った崖、奇岩が立ち並ぶこのコースは、
岩肌フェチの私にはたまりませんでした^m^

d0161597_11354564.jpg
d0161597_11385258.jpg
d0161597_1136676.jpg



































































ところで、ここのキャンプ場では、オーナーのおじさんが
ダッチオーブンでスコーンを焼き、焚き火で紅茶とコーヒーを入れて
朝食を振る舞ってくれました。
これを「ダンパ」と言うそうですが、キャンプ場のおばさんに誘われたときは、
ダンスパーティに参加しなければならないのかと思ってしまったバブル世代です。

それにしても、年齢層高っ!
ダンパの光景は老人ホームのようでありました。

d0161597_11442389.jpg
[PR]

by risakan | 2010-11-11 11:46 | オーストラリア2010
2010年 11月 10日

ユニクロ風ふんわり写真の撮り方

その答えは、太陽の下でフラッシュを使う。

d0161597_12154071.jpg



































写真をたくさん撮るようになってから、
幼少時代からの色味の好みがはっきりと表れるようになりました。
どちらかというとクッキリはっきりした感じの写真が好きで、
なおかつ少しアンダー(暗め)の渋い色合いが好みです。

が、子どもが無心に遊んでいる様子や、海で記憶のような写真を撮るときは、
やっぱりハイキー(明るめ)のやわらかい写真が雰囲気に合うように思います。

露出補正という機能を使って明るめに設定すれば
明るめのハイキー写真にできますが、画面全体が明るくなるので、
もともと明るいところが白く飛んでしまったりします。
そこで、おすすめなのが、フラッシュなのであります。
えっ、昼間なのにフラッシュ? という感じですが、これがなかなかいい。
一眼レフではフラッシュの光の強さを調整できるので、
あまりピカーンと光らないように、発光量を少なめに調整して、
ちょっとだけフラッシュをたくと、逆光で黒くなってしまったところだけ、
明るく起こすことができます。
それでもって、明るくなりすぎる場合は、露出補正を暗めに設定します。

昼間の太陽の下でフラッシュをたくと、なんかユニクロの広告みたいな
清涼感あふれるフラットなイメージなります。

で、このブログは誰が読み、誰か試す人がいるのかしら、
と思いつつ。自分の備忘録として。


d0161597_12384812.jpg
d0161597_12172458.jpg
[PR]

by risakan | 2010-11-10 12:25 | カメラ
2010年 11月 08日

漁港でキャンプ

夕陽はごちそう。

d0161597_13301163.jpg


































この土日はトレーラーを出動して館山へ。
海沿いの温泉旅館が経営するキャンプ場へ宿泊する予定でした…
…が、なんということでしょう、トレーラーが入らないではありませんか(汗)070.gif
女将さんに確認したときは、道幅4mありますよ〜大丈夫ですよ〜との
ことでしたが、夫が実際に測ってみると2.5mほどしかありません。
太いほうの道から入ろうと試みるも、斜面でぬかっているため、
馬力のないウィッシュでは滑ってしまって登ることができず。
あれこれチャレンジしてみましたが、無理をするのは諦めて、
宿にほど近い国有地の広場で宿泊することに。

これがまた、かえってよかったりしましてん。
海まで徒歩10秒、子どもたちは磯遊びに砂遊びに夢中。
メルヘンな息子は、ザザーンという波音を聞き、
「波のラジオだね」^m^

夜は1キロほどのところにある居酒屋? 定食屋?まで
歩いていきました。

d0161597_13472944.jpg

d0161597_13475267.jpg

d0161597_1345054.jpg

d0161597_13444653.jpg

d0161597_13451847.jpg

d0161597_13454345.jpg

d0161597_1346065.jpg



































































置き網にかかった魚を出す店で、コチ、汐子などを刺身でいただきました。
続いてイサキの塩焼き、鰺のなめろう、カワハギの唐揚げ、磯玉、魚のあら汁、
自家製塩辛、自家製からすみ、ゲソ、子ども用にポテトフライ、トマト…
気になるもの全部制覇。
キャンプ場代が浮いたため、大盤振る舞いでございます^m^
どれも、さすが漁港と唸る味、美味しいものを食べるって幸せだ…うっ、うっ…

翌日、磯遊びをしていると、昨日定食屋で食べた磯玉と呼ばれる貝を発見。
焼いていただくと、サザエのようなお味です。
といっても、常に最悪の事態を考えて行動するワタクシは、
夫らがお腹を壊さないか確認するまで食べませんでしたが〜

ものすごく熱そうで身もだえていました。
さっきまで生きていたのに、ごめんね。
家に帰って調べると、スガイというサザエ科の貝のようでした。

d0161597_13531563.jpg

d0161597_1356853.jpg
[PR]

by risakan | 2010-11-08 14:01 | キャンプ