++ カメラをもって かぞくと一緒に アウト(?)ドア ++

yuharu.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2010年 07月 30日

カンガルーケアって意外に危ない

江ノ島の夕焼けに、みんなはしゃいでいました。

d0161597_10433891.jpg

















8月は2週間ほどお休みをいただくため、あと3日ほどで
たまっている仕事を終わらせなければなりません。
久々に堅い原稿を書かねばならないのですが、
まったく筆が進まず写真の加工ばっかりして逃避してしまいます。
ブログで文字でも書いて、ちょっと助走をつけさせてもらおう…

カンガルーケアって知ってますか?
胸の上に赤ちゃんを抱っこして、スキンシップを図る方法です。
下の娘は1990グラムで早産。帝王切開で生まれ、
そのまま1ヶ月半ほどNICUに入ってしまったので、
1日数分間のカンガルーケアで触れ合う時間が楽しみでした。
丸1日痛みと戦い、ようやく自然分娩で「出した」感のある息子と比べてしまったら、
全身麻酔で1ヶ月半も早く生まれてきた娘は出産の実感とか
盛り上がりにいまひとつ欠けたのは事実。ごめんよ、ムスメ。
その点、カンガルーケアって赤ちゃんのぬくもりを感じていいものだなぁと思いました。

でも、一般的に言われているカンガルーケアって、
出産直後にお母さんの胸にうつぶせに寝かせることなんですね。
それなら、上の息子もやったなぁ。

この、出産直後のカンガルーケアで、最近は死亡事故が起こっているようです。
呼吸が整っていない赤ちゃんがうつぶせになるのは、リスクが伴うのだとか。
たしかに、ムスコも当然首が持ち上がらないので、うつぶせに胸に寝かされたときは
けっこう苦しそうだった気がします。

もともと、カンガルーケアは南米コロンビアで、保育器が足りなかったことから、
未熟児の低体温の赤ちゃんを助ける方法として普及したそうです。
それを、医療環境の整っている日本で、そのまま行なう必要があるのかどうかという話。

カンガルーケアの目的はスキンシップであり、赤ちゃんとママが
肌と肌を触れ合うことによって、安心感を得、親子の絆を深めるというもの。
しかし、どれだけ親子の絆が深まったのか、カンガルーケアをしなかったことで
不安定な子どもに育つのか、といった科学的なデータは一切ありません。

そう、日本人の得意な、「欧米人がいいっていう方法はやってみる」パターンです。
カンガルーケアが必ずしも悪いわけではないと思いますが、
海外から入ってきた乳児ケア、育児法はなぜその国で普及したのか、
日本の文化にマッチするものなのかを考える必要があるのんじゃないかと思います。


…うん、堅めに書ける感じがしてきた。

よし、原稿片付けるぞ!
[PR]

by risakan | 2010-07-30 11:05 | しごと
2010年 07月 29日

テンションの下がる香り

昨年秋、江ノ島にて。(ブログの内容とは、逆のベクトルの写真です)

d0161597_14523874.jpg
















アラフォーにもなりますと、20代とは明らかに髪質が変わってきます。
ワンレンにして、色気が感じられるか、あるいは生活臭が感じられるかが、
その境目となる年齢のような気がします。

ここ1~2年ほどは、明らかに後者のほうなので、
七難隠すミディアムの長さを保っています。
にしても、髪の手入れを怠ると、あっという間に生活臭が漂ってきます。

昨日、ハンズで新しくトリートメントを購入しました。
はじめて使う化粧品やヘアケア商品って、ワクワクするもの♪
さて、今回はどんな使用感かしらん、と
シャンプー後の水気を切った髪に塗ってみる。


あれ?

香りが、

あれだ…

トイレの芳香剤。

すごくブルーになった風呂上りでした。
[PR]

by risakan | 2010-07-29 15:01 | そのた
2010年 07月 28日

捨てる基準を私なりに。

思い出は捨てにくい。

d0161597_13291529.jpg


















捨てる基準については、どうも捨てられない人が投稿してくれるので、
解決策は見つからず…(爆)
捨てられる人、片付け上手な人は捨てられないことが悩みになったりしないんだろうなぁ。

もうひとつ、おもちゃ以外に捨てられないのが、思い出ものであります。
大学時代に活字みたいな字で書いた、絵つきの西洋美術史のノートとか、
中学生のときにもらったラブレターとか(たぶん、実家にあった気が)、
中学校の社会科の地図にいたっては、なぜか夫婦2人分、2冊とも残っているし。
夫に聞くと絶対にとっておいて、というものに、
30年前のドラえもんの映画のパンフレットがあって、
さすがにこれ、もう捨てていいんじゃね? と思うけど、いまさら捨てられないようです。
ホノルルマラソンや河口湖マラソンに出場したときの記念Tシャツなんかも、
明らかに80年代のラインなので絶対に着ないのに、やっぱり捨てちゃ駄目。
今度こそと思って出したけど、洗濯してまた思い出Tシャツボックスにしまわれてしまいました。

こういうのは、明らかに行きそびれてしまったモノたち。
10年目に捨てそびれたモノって、捨てる難易度はかなり高くなります。
20年目になると、もうムリ。
捨てようと思って見るにつけ、こんなに長い間残っていたんだなぁ、とか、
あのときの自分ってこうだったよねぇ、とかシミジミ感じ、
なつかしさが倍増して、もとの場所にカムバックと相成ります。

恋愛と同じで、10年も付き合っちゃうと、合わないな~と思っても
なんか続いてしまうのと同じで、10年目には捨てないと!

いや、10年もためたら、やっぱり部屋は汚くなるわけで…。
うさこうさんのコメントにあったように、やっぱり情が深いと部屋が片付かないということで、
おあとがよろしいようで。
[PR]

by risakan | 2010-07-28 13:49 | インテリア
2010年 07月 26日

捨てる基準を教えてください。

夕焼けタイタニック。(ブログの内容とは一切関係なし)

d0161597_11393287.jpg

























義理の弟夫婦の家にお邪魔してきました。
新築マンションなので、きれいなのはある程度想像がついていたけれど、
住んで1年経っているにもかかわらず、驚くべき部屋のきれいさ!
床はピッカピカ、チラシ1枚、布巾1枚出ていません。
そして、なんとまぁ、使わない部屋が1つある!
といっても、荷物がいっぱいで「使えない部屋」の我が家とは違い、
置くべきものがなく、「使っていない部屋」なのであります。

なぜ、こんなにモノが少ないのか…
奥さんは、なんでもかんでも捨てちゃう派、なんだそうですが、
どうやったら捨てられるのでしょうか。

とくに、やっかいなのは子どものもの。
もう使わない、アンパンマンの自動販売機のおもちゃとか、
でっかいレゴとか、ゴーオンジャーのベルトとか、トミカの山道ドライブとか…
みなさん、おもちゃはどうしてます?
おじいちゃん、おばあちゃんからの愛情の詰まった
誕生日プレゼントやクリスマスプレゼントだし、とか、
高かったしなぁ… とか、誰かにあげられないかなぁ…とか
考えるとなかなか捨てられません。

あるいは、「おかあさんありがとう」と手形のついた母の日のプレゼントとか。
友達のママは、「上手に書けたねぇ、ありがとう… って、
涙を拭きながらゴミ箱行き」だそうで。
そこまで割り切れたら、少しはきれいになるんだろうなぁ。

モノが占めている居住代を考えよ、とか、
「とりあえず保留箱」を作る、とか、
捨てる技術のいろいろなアドバイスを見るけれど、
なかなか思うようにはいかず、今日もまたひとつ、モノが増えていきます…
[PR]

by risakan | 2010-07-26 11:58 | インテリア
2010年 07月 23日

摂食障害になる子ども

少しは涼しくなるかな。

d0161597_13295387.jpg





















毎日こう暑いと、食欲がなくなりますね。
食べないと夏バテしちゃうので、子どもにはとかく食べろ、食べろと言ってしまいます。
そして、せっかくバランスを考えて作った料理を「なんか、まず~い」とか言って残されると
ついついイラッときて、決まってキゲンが悪くなります。他人事ですが。

ちょっと気になる記事を読みました。
最近、摂食障害の幼児が増えているのだそうです。
ごはんを見ただけで泣き出す子どももいるのだとか。
その多くは、お母さんが食に関してとても一生懸命なケースが多いようです。
誰だって、食欲がないときもあるわけですが、
「マニュアル育児」の母親たちは、体調よりもバランスを重視する。
食べたくないのに、無理やり食べさせられた子どもは、
「食べなきゃ」という強迫観念から、食べることが苦痛になり、
だんだん食べ物に拒否反応を示すようになるのだそうです。

もちろん、バランスを考えた食事は大切なことなのですが、
体調を見ながら、無理して食べさせないこと、
楽しく食べさせることが先決なのかな~と思った次第です。

昨日は、超美人で優秀な友達の出版記念パーティがありました。
彼女は、30代という若さながら、南の島で戦死した日本兵の
遺骨収集をライフラークとしています。美人の無駄遣いと言われています。
昨日のパーティでは、遺骨収集に参加する戦争経験者や、
遺族の方々が多数いらしていたのですが、その話のなかで、
「輪ゴムにしょうゆつけて食べたんだよ。ご馳走でね」とおっしゃっていたのが衝撃でした。
昔の輪ゴムは、今のように柔らかくなく、噛んでも劣化しなかったので、
しょうゆガム、みたいな感じでおかずになったそうです。

そんな話を聞きながら、目の前には生のマグロに鮎の塩焼き…。
輪ゴムがおかずだった時代と、
食べたくなくて摂食障害になる時代。

なんだか複雑な気持ちでした。

今日は、残しても、まずいと言っても、怒らないでおこうっと。
[PR]

by risakan | 2010-07-23 13:44 | こども
2010年 07月 22日

迷惑な夏休み

自分が子どものころの夏休みも、母は嫌だったんだろうなぁ。

d0161597_14452762.jpg

























今日から夏休み。保育園っ子だったムスコにとって、
はじめての長い休暇が始まります。
といっても、ほとんど学童に行くのですけれど。

今日は「チャレンジ学習」といって、PTAと中学生のボランティアが
講師になり、さまざまな体験をする講座に参加しました。
ムスコは凧づくりに参加。レジ袋とたこ糸で、見事な凧を作ってきました。

その後、遊ぼうと思っていた友達がいなくて家でブラブラ。
「何すればいいのぉ~」と暇暇光線。
母は締め切りでテンパってますので、どうぞご自由に願います…

銀河鉄道999の話の中で、暇な時間をクリアする試練があったっけ。
それほど、子どもにとって何もすることがない、暇、というのは、
苦痛なのでしょう。

明日は学童に行っとくれよ。
[PR]

by risakan | 2010-07-22 14:52 | こども
2010年 07月 20日

やまぼうしにて。

夕暮れ、各サイトのランタンに灯りが灯る時間帯。
d0161597_132669.jpg

















3連休はやまぼうしへ行ってきました。
保育園時代からの大親友、Kタくんといっしょ。
家を出るまえに東名の渋滞情報をチェックすると、40キロですと。
コケコッコーなため、東名が混んでいるときは、必ずや
246も混んでいると毎度後悔するのに、下道でいざ出動。
…で、ひと区間分246を走り、東名に戻る(笑)
3分の差で、高速割引を逃します。
途中、これも彩雲というらしいのですが、太陽の周りにできる虹が出ていました。

d0161597_13305947.jpg

















子どもたちは、スイカ割りに大興奮。
薄目を開けた要領のいい妹が勝ち、お兄ちゃんたちからクレームです。
ま、スイカを食べ始めたらみんな文句言っている暇もなく、黙りましたけど。

d0161597_13323773.jpg

















「あ~っ!」というムスコの叫び声で近づいてみると、
1ヶ月近くグラグラしていた最初の乳歯が抜けたっ!
Kタママが、「Kタの最初の歯、どっか行っちゃったのよぉ」と話しているのを聞き、
「いやだぁ、最初の大事な歯をどっかやっちゃったのぉ」と笑っていたのですが、
きれいに洗ってテーブルの上に置いておいたら、ムスコの記念すべき第一歯も
なくなってしまいました(/_-)ごめん、ムスコ。キャンプ場で自然に帰ったヨ。

d0161597_13371838.jpg























3日間ともよく晴れて、富士山の夕焼けは見事でした。
後でビデオを見たら、写真好きのKタパパと私は
競い合って富士山を映しあっていました。何の会かいな。
花火も、楽しむより写すほうが大変です(笑)
最終日は1時までゆる~く宴会は続き、曇っていた空には
天の川が見えました。そして、流れ星見っけ。蛍も舞っていました。

d0161597_13381839.jpg

















中日は、プールに行ったり、サッカーをしたり。
子どもたちにとっては、最高に楽しいキャンプだったのではないかと思います。
今朝は遊びすぎで頭が痛いとゴロゴロしていたムスコ。
あれだけ遊んだんだからイッテコーイ!!と、お尻を蹴っ飛ばして
学校へ送り出しました。明日で学校も終わり。
仕事を持つ母ちゃんにとってはありがた迷惑な夏休みが始まります。


*番外編。
d0161597_1451642.jpg


















N夫妻とは先週に引き続き、やまぼうしでお会いしました。
飲んでますね~、昼間っから!
カニの差し入れ、たくさんありがとうございました~。
今回、一番豪華なご馳走でございました。シアワセ♪
そして、ウコンも!
夫はウコンすごいすごいと、仕切りに感動しております。
常備しておこうっと。
Yさん、気付かなくてすみませんでた(汗)
[PR]

by risakan | 2010-07-20 13:53 | キャンプ
2010年 07月 15日

新しい朝が来た♪

d0161597_5145281.jpg

















朝、外を見るとほんのりピンク色の空。
ソワソワしだし、東南の窓から外を見たり、西北の窓からのぞいたりしながら、
最終的にはカメラをもってこっそり家を出ました^m^
4時30分の空は、朝が始まろうとしていました。
[PR]

by risakan | 2010-07-15 05:21 | そのた
2010年 07月 14日

女子カメラ風

d0161597_0312438.jpg


























マンションの駐車場がいっぱいで、おまけにやたら高いので、
歩いて3分くらいのところに駐車場を借りています。
車をイチイチ取りに行くのはめんどくさーと思うのですが、
その裏道を通るのが、考えようによっちゃあ、けっこう楽しかったりします。
夕景の写真を撮るのは、決まってその道の入り口だし、
この写真も道の半ばくらいで撮りました。
青大将が横切ったこともあれば、カナチョロ(っていいます?)や
ねずみを見たことも。ウグイスの鳴き声もしたりね。
春は桜路、夏はジャングル街道、秋はどんぐりロードになり、
この路に季節の移り変わりを教えてもらったりします。

めんどくさーのなかにこそ、遠回りしてこそ、
のりしろを増やす何かが転がっている気がします。

いや、でも大雨の日は、やっぱり敷地内の駐車場がいいんですけどね。
[PR]

by risakan | 2010-07-14 00:42 | カメラ
2010年 07月 13日

昨日の雲

d0161597_1131991.jpg


















すごく印象的な雲でした。
ムスコとムスメと、空を撮りに行きました。
DSで撮影中です。


d0161597_11321854.jpg
[PR]

by risakan | 2010-07-13 11:35 | そのた