++ カメラをもって かぞくと一緒に アウト(?)ドア ++

yuharu.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2010年 06月 29日

彩雲

d0161597_3205268.jpg















日曜日に立ち寄ったぶどうの丘のある勝沼は、
一面ぶどう畑で、ドライブするだけでもずいぶん気持ちのいいところでした。

景色がいまひとつな東名と比べて、中央道は開放感があり、
山も見えて気持ちがいいですね。
帰り道、彩雲が出ていました。雲の回りに虹みたいな色ができるやつです。
彩雲は、水溜りや車のフロントガラスなどの映り込みで気付くことが多いです。
これも、水溜りに映った彩雲。見るといいことがあるそうです。

d0161597_3181164.jpg
[PR]

by risakan | 2010-06-29 03:25 | そのた
2010年 06月 28日

トレーラーでリゾートプラン

d0161597_1313480.jpg


この土日は、トレーラーを出動して山梨のフルーツパークに行ってきました。
といっても、キャンプではなく、
「冨士屋ホテルで豪華ランチ&温泉、ママはエステに行っていいよ♪」プラン。
たまにはこういうのもいいかと思って、と夫が計画を立ててくれました。
いいよいいよ、たまにはこういうのいいよ~んっ!!
エステなんて自分からは行かないけど、「行け」と言われれば
もちろん行かせていただきまする!

●ランチと温泉で3000円
ということで、冨士屋ホテルのあるフルーツ公園に昼過ぎに到着。
利用したのは、日帰り 湯ったり温泉プラン【昼食+温泉入浴】。
温泉とランチ付きで、ひとり3000円(大人二人とムスコの3人分)と格安です。
宿泊はトレーラー。フルーツパーク内の第二駐車場が本日のおうちです。

でもって、冨士屋ホテルのランチメニューは、前菜とパスタ、
デザートにコーヒーといったところ。
子どものパスタは、ペペロンチーノをナポリタンに変更してもらえました。
お味は、どこにでもあるメニューを、とっても美味しくアレンジしてあって、
さすが冨士屋ホテルという感じ。ペペロンチーノは、ベーコンをみじん切りにして、
糸唐辛子をトッピングしてありました。
ナポリタンも、トマトケチャップベースなんだけど、オレンジ色のナポリタンとは違うぞー。

d0161597_1392910.jpg

d0161597_1395544.jpg

d0161597_1401951.jpg



残念ながら、エステは終日予約いっぱいで入れず、かわりに整体をすることに。
「ココ、イタイカ?」「クビトカタハイイカ? 1800エンサービスネ」と、
中国人のおばちゃまの営業がお上手で、ついつい1時間ももんでもらったら、
案の定、翌朝腰がもみ返しなのでありました。

帰り際、ホテルマンに「お気をつけていってらっしゃいませ」とご丁重な送り出し。
いえ、もう帰ってこないんです、すみません。

・冨士屋ホテル日帰り 湯ったり温泉プラン
http://www.fruitpark.jp/stay/plan.html#dailyspa

●川遊びが充実 フルーツ公園は子ども好み
フルーツパークの敷地内にある公園は、プールと川遊びの中間といった感じ。
いかだや滝などがあって、子どもは大喜びです。

d0161597_145919.jpg

d0161597_1471614.jpg



●コストパフォーマンスはいまひとつ 景色は最高のブドウの丘
あいにくの雨でしたが、帰りがけに晴れてきたので、ぶどうの丘に寄ってみました。
甲府盆地を一望できる景色はサイコーですが、
ここのレストランの料理はちょっとコストパフォーマンス悪し。
子どものオムライスやカレーは800円と手ごろ感があるものの、
大人のコースは2000~3000円とちょっとお高めです。
ものによりますが、お味は高級ファミレスといった感じでしょうか。
写真はローストポーク。これはGood。でもハンバーグステーキはイマイチでした。
1階は甲州ワインの販売、地下にはワインカーブがあります。
ただしワインカーブは試飲チケットを購入しないと地下に入ることはできません。

d0161597_1591738.jpg

d0161597_225578.jpg

d0161597_1594228.jpg



大型バスの駐車場があったので、トレーラーも駐車できました。
駐車場の水たまりに景色が映り込んで、なんか不思議な感じでした。

d0161597_234517.jpg


・ぶどうの丘
http://budounooka.com/
[PR]

by risakan | 2010-06-28 02:12 | キャンプ
2010年 06月 25日

イレブンオートキャンプパーク(2009年)

●故郷の夏休みに思いを馳せるキャンプ場

d0161597_14375337.jpg

















昨年、千葉のキャンプ場にはまったのは、イレブンオートキャンプパークがキッカケでした。
なんだか、自分の小さい頃を思い出すような風景。
セミがやかましく鳴き、その音に耳慣れると、逆に静寂にすら感じられる空間。
田んぼには無数のトンボが戯れ、カエルのコーラスも聞こえてなんだか賑やかです。
そんななつかしい風景が広がるキャンプ場です。
上の写真は、キャンプ場から10分ほどのアプローチにある
おびつ川へ行く途中の、見渡す限りの田園風景です。
私たちが行ったのは8月でしたが、7月中旬までは、毎年ホタルも見れるそうです。

d0161597_1441350.jpg
d0161597_14362862.jpg
d0161597_14415972.jpg















































































































敷地内にはサッカーゴールのある広場があるので、サッカー好きのお子さんにもいいかと。
相手がいないと、やるハメになりますが…

d0161597_14435298.jpg

















●浅瀬で川遊び おびつ川もあるよ


キャンプ場の下にある水田を抜けると、おびつ川があります。
浅瀬になっており、魚もいるので、子どもたちは大喜び。
親が水嫌いなため、いつも水着を忘れてしまうのですが、
子どもが入らないはずはなく。結果、パンツ一丁に。
水着やゴーグルは必須です。

















・イレブンオートキャンプパーク
http://www.eleven-camp.com/


注)
そうだ! 忘れちゃいけない情報が。
キャンプ場サイトにも乗っている大江戸温泉は、オンシーズンは最悪です。
施設は大きくアミューズメントなんかもあるのに、洗い場が極端に少なく、
女ブロでは体を洗う順番を待つために、30人ほど裸で1列に並ぶ光景が…
7~8月の土日および夏休みは、避けたほうが無難です。
[PR]

by risakan | 2010-06-25 14:46 | キャンプ
2010年 06月 24日

今日も突然ピンク色の空

d0161597_21562177.jpg
d0161597_21575780.jpg































夕食の準備をしながら、今日もマンションの裏にフラフラと吸い寄せられて。
ここのところ、よく焼けます。
[PR]

by risakan | 2010-06-24 22:02 | カメラ
2010年 06月 24日

桃空

d0161597_123766.jpg
d0161597_12969.jpg






























夕方、ベランダの外を見たらほんのりピンク色の空。
カメラを持って外に出たら、反対側の空がすごく焼けていて、
慌てて走っていきました。
間に合った。
[PR]

by risakan | 2010-06-24 01:05 | カメラ
2010年 06月 23日

オートキャンプ場フルーツ村(2009年)

●気軽にカヌー初乗り体験
昨年は千葉方面ばかり攻めていました。写真は10月に行ったフルーツ村。
その名のとおり、フルーツ狩りができるキャンプ場ですが、
ほかにもいろいろな遊びがあったので、フルーツ狩りはしませんでした。
すこし肌寒さを感じる季節になっていたことと、
仕事をしなければいけなかったこともあって、バンガローに泊まりました。
子どもが小さいうちは、大人好みの広大な芝生のキャンプ場に行くことが多かったのですが、
年長以上になると、敷地内で遊べるかどうかがキャンプ場選びの
重要なポイントになってきたりします。
フルーツ村は、キャンプ場内に沼があり(あんまりきれいじゃないけど)、
そこから川を下ってカヌー体験をすることができます。
家族4人で1つのカヌーに乗り、力を合わせて前に進むのが、これまた楽しい。
お父さん、力の見せどころです。

d0161597_14512112.jpg
d0161597_14515136.jpg
d0161597_14524460.jpg































































沼では魚釣りもできますが、食べられる魚は滅多にかかりません。
この日も、琵琶湖では処分に困っているというブルーギルばかりつれました。

d0161597_14554344.jpg
d0161597_1456571.jpg














































●スーパーは「おどや」がおすすめ
千葉のハズレのスーパーに行くと、あさりが木更津産でなはく
なぜか愛知産だったり、干物が小田原産だったりするわけですが、
房総に拠点を置く「おどや」はちゃんと地魚を取り扱っています。
この日は写真の小ぶりのタイを見つけて、塩釜焼きにしました。
味はまったく記憶にないので、たぶんあんまり美味しくできなかったんだと思います。
ときどき、白貝とよばれるハマグリに似た味の貝が
入荷していることがあるのですが、これが安くて美味しいです。
ぜひ、バーベキューでどうぞ。

d0161597_14573165.jpg
d0161597_14574348.jpg
















































・オートキャンプフルーツ村
http://www.camp-fruits.com/


・おどや
http://www.odoya.com/


●渋滞にはまりそうなときは回転寿司と温泉へ
1000円高速がスタートして以来、激混みの東名を避けるため、
昨年は千葉方面のキャンプ場にたくさん行きました。
アクアラインは意外にすいていて、9時台に出発しても渋滞することはほとんどありません。
帰りも、午後2時頃までにアクアラインを通り抜ければ、まず渋滞に遭いませんが、
まったり過ごして帰りが遅くなってしまったら、「スーパー回転寿司やまと」で夕食、
「かずさの湯」でお風呂をすませるコースがおすすめです。
車のなかで子どもが寝てしまっても、そのまま布団へGoでオッケーです。
「やまと」は千葉の魚問屋が経営している回転寿司で、
房総の珍しい地魚をお手ごろ価格でいただけます。
回転寿司の枠を越えるおいしさです。

・スーパー回転寿司やまと
http://www.yamato-f.com/


・かずさの湯
http://www.kazusanet.co.jp/yunosato/

[PR]

by risakan | 2010-06-23 15:02 | キャンプ
2010年 06月 22日

五光牧場2008・その2(周辺情報編)

●ソフトクリームとカマンベールパンがおすすめ「清泉寮」
五光牧場のほか、清里方面に行ったら立ち寄りたいのが、清泉寮です。
ソフトクリームが有名ですが、はす向かいに清泉寮のパン屋もあって、
カマンベール入りなどチーズ系のパンがとっても美味しいです。
ちょっとした遊具や牧場もありますが、そんなに広くはないので、
「遊ぶ」というより「食べる」です。
宿泊施設もあり、2009年から温泉もオープンしたので、
キャンプではなくリラクゼーション目的で利用するのもいいな~と思います。

・清泉寮
http://www.seisenryo.jp


d0161597_03955100.jpg
d0161597_0472627.jpg
















←これはHPから拝借。












●ハイキングコースもたくさんある
散歩は飯盛山へ。本格的な散歩コースもありますが、
子連れなら駐車場から5分で行けるプチ山頂がおすすめ。
空気がすんでいて、いい眺めです。

d0161597_043352.jpg
d0161597_0433645.jpg






























●日本のヨセミテとよばれる断崖絶壁の景勝地「金峰山」
連泊でスケジュールに予定があり、もっと本格的に山を楽しむのなら、
ちょっと足を延ばして金峰渓谷へGo!
奇岩に囲まれた金峰山は日本百名山の1つにも選ばれています。
風景は圧巻ですが、ちょっと登ると眼下は崖なので、子連れはちょっと危険かも。
ふもとは廻り目平キャンプ場になっていて、こなれたキャンパーたちが宿泊していました。

d0161597_0572680.jpg
d0161597_0575320.jpgd0161597_0584961.jpgd0161597_059765.jpg






























































…この調子だと、これまで行ったキャンプ場をアップするのは
えらい時間がかかりそうです。
なんか仕事みたくなってきました。
[PR]

by risakan | 2010-06-22 01:03 | キャンプ
2010年 06月 21日

五光牧場2008・その1(キャンプ場編)

いよいよキャンプシーズン到来。
「どっかいいキャンプ場ない~?」と聞かれる機会が増えてきたので、
今週はお気に入りキャンプ場をご紹介するブログにしたいと思います。
過去2~3年に行ったキャンプ場なので、若干情報が変わっているかもしれません。

●山まるごとフリーサイト! 気持ちのいい芝生のキャンプ場

まずは、長野の野辺山駅にほど近い五光牧場キャンプ場。
芝生サイトが好きな方なら、まずお気に召すサイトだと思います。
かつて牧場だった山をまるごとフリーサイトのキャンプ場にしているので、
とにかく広大。
キャンプ場の人に、「どこまでがキャンプ場ですか?」と聞いたら、
「見えるところまでです」と言われました(笑)
予定立てるのが苦手という当日予約専門の方も、これだけ広ければ、
エリアを選ばなければまず泊まれると思います。
ただし、サイトはほとんど斜面なので場所選びはやや大変。
林間から八ヶ岳、駒ケ岳? が見えてスイスちっくな素敵なキャンプ場です!

訪れたのは2年前のお盆(8月14~17日)でしたが、
林間なので昼間でもけっこう涼しく、天気が悪いと寒いくらい。夜は防寒具が必要です。
寒いだけに空気がすんでいて、夜は天の川と流れ星を見つけました。

敷地内には小川があり、メダカみたいな魚を獲ることができます。
当時5歳だったムスコは魚撮りに夢中になり、
獲った魚を大事に水をはった鍋の中に入れていましたが、
うっかり足にひっかけてひっくり返して死亡させ、
涙をためていましたっけ(笑)

五光牧場の周辺情報は、第二段としてご紹介します。

●五光牧場オートキャンプ場
http://www.citydo.com/outdoor/nagano/1397.html

自然★★★/設備(必要最低限です)/
子連れおすすめ度 ★★(遊具などはありません)/お気に入り度★★★

d0161597_1952560.jpg
d0161597_19115695.jpg
d0161597_1910985.jpg
d0161597_1964349.jpg
[PR]

by risakan | 2010-06-21 19:15 | キャンプ
2010年 06月 20日

苔の道

d0161597_2224733.jpg
















父とムスメがデート中、母とムスコも近所のバーミヤンでランチデート。
母は尻手黒川沿いにある「かずら」という煮干系ラーメンを食べたかったけど、
そこはまだ小学生。お子様ランチのおもちゃが欲しいらしい。

食べ盛りのムスコ、チャーハンセット+母のタンメン半分+餃子5コ完食。
黙々とラーメンをすすり、しょうゆを垂らしながら餃子をほおばり、
大汗かきながら食べるムスコを、頬杖をつきながら眺める母。
「これも食べる?」と母のラーメンを分ける。
食べ終わるやいなや、「さ、行くか」とムスコ。
なんかぁ、大学生のカップルみたい(←ボカッ!)


帰り道、路地の苔は緑がまぶしかった。
湿度の多い季節も、しっとりとしていいものだと気付かされる。
[PR]

by risakan | 2010-06-20 22:36 | カメラ
2010年 06月 19日

空とぶ円盤

d0161597_15465071.jpg







































今日はムスメと夫が幼児向けのコンサートにデートのため、
ムスコと母チームは工作三昧。

まずは、今年からお小遣いをよこせと要求があったため、
貯金箱を牛乳パックで作りました(写真奥)。まだ月100円ですが。
「黄色はお金がたまるんだよ」と教えると、さっそく黄色の色紙を手に取りましたが、
なぜか黒でちぎり絵風にデコ。お金たまらなそうです。

そして、写真手前の空とぶ円盤は、カンタンに作れてなかなか楽しいです。
材料はこれだけ。
d0161597_1550121.jpg



















紙ざら、ペン。あっ、はさみ忘れました。
ちなみに、このペンは100円ショップで購入。
ペン先が太いので、一気に塗りつぶせてなかなかお買い得でした。

好きな絵を描いたり、色を塗ったりしたら、周囲のギザギザを目盛りに
1.5~2センチ幅に切り込みを入れ、互い違いに折り返すだけ。

あとは、ブーメランみたいに飛ばすだけです。

ついうっかり、自分で作った円盤にピントを合わせてしまい、
ムスコ作前ぼけです。
[PR]

by risakan | 2010-06-19 15:54 | こうさく